ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

膝の不調に効果的なテーピング~半月板損傷の治療とリハビリ

      2017/03/02

膝の不調に効果的なテーピング~半月板損傷の治療とリハビリ

日頃からスポーツやトレーニングをしている人は、膝の半月板を損傷してしまうことがしばしばあります。
治療の一環として、テーピングを用いることがよくあるようです。
テーピングで固定することで、どの様な効果が期待できるのでしょうか?意外と重要な働きをするテーピングについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

膝の半月板損傷ってどんな状態?

膝の半月板は内側と外側にあります。
その役割としては、スムーズに膝関節の動きを補助します。
また、歩いたり、ジャンプしたりする際に、膝関節にかかる衝撃を吸収する働きがあります。

半月板損傷は、膝を強制的にひねった場合や、側方から強い力を加えられた場合などに多く発生します。
内側の半月板を損傷する割合が高いようです。

膝半月板を損傷したときの症状は、急性の場合は膝関節の痛みや腫れが生じます。
時には、膝関節がロッキングしてしまい、膝が伸ばせなくなったり、歩くのが困難になります。
慢性化すると、変形性膝関節症の原因ともなります。

まずは、専門医の診断を受け、適切な検査を受けることが必要です。
絶対に、自己判断で済ませないようしましょう。
ロッキングがみられない場合は、保存的治療で症状が軽くなるでしょう。
また軽症であれば、テーピングなどによる補助補強をし、痛みを軽減させるためのリハビリテーションを行います。
引用元-半月板損傷について テーピングに関する情報、その方法と効果

半月板損傷で膝のテーピング効果は…

半月板損傷におけるテーピング

整骨院や整体院などでは、半月板損傷の患部を安静にするためにテーピングが行われることがあります。
患部が動かないように固定したり、筋肉などの動きをサポートするためにテープが使用されるようです。
しかし、テーピングは医療機関で行われるものではありません。テーピングをする際には、医療行為ではないという点は理解しておきましょう。

テーピングの効果
テーピングは、患部を固定したり、痛みを軽減したりするための処置であり、テーピングを行うことで完治できるわけではありません。
テーピングは、手軽で簡単な方法に見えますが、自己判断で行うと危険な場合もあります。
なお、テーピングは、整形外科などの医療機関ではなく、整骨院や整体院で行われる施術法です。
半月板損傷が疑われる場合、まずは専門の医療機関を受診したほうがよいでしょう。
引用元-【医師監修】半月板損傷にテーピングは効果的? | ヘルスケア大学

半月板損傷とテーピングの効果

半月板損傷によって、膝のひっかかりやぐらつきがみられる場合には、膝関節の動きを制限するようにテーピングを貼り、膝関節の安定性をサポートして、膝が不安定に動くことによって生じる痛みや炎症を抑えます。
また、半月板損傷は下腿の捻じれによっても起こるので、あらかじめ、テーピングで下腿の捻じれを防ぐように貼ることや、膝周囲の筋の補強を行うことで、膝の安定性を高めて膝へかかる負担を軽減し、半月板損傷の再燃を予防することもできます。
日常生活上では問題がない場合でも、長時間の立ち仕事やスポーツを行うのには不安が残るという時の気持ちをサポートすることにも役立ちます。
引用元-半月板損傷にテーピングは効果あり? | 神奈川 横浜市の治療院 | 足の痛みの治療院

膝の半月板損傷に効果的なテーピングの種類

テーピングには伸縮性がないテープと伸縮性のあるテープ、キネシオロジ―テープがあります。
伸縮性がないテープは、靭帯損傷などで関節にゆるみが生じ、動かすと痛みが出る場合に、関節の動きを制限して、動くことによる痛みや更なる炎症を防ぐ目的で用いられます。しっかりと固定したい場合に効果的です。
伸縮性のあるテープは、圧迫しながら固定でき、さらに関節の動きに合わせてテープが伸び縮みするので、運動の際にも関節の動きが妨げられることがありません。
テープは、素材やテープの厚さ、幅など様々な種類が市販されており、貼る部位や症状、目的によって選択できます。
伸縮性のあるテープと伸縮性のないテープを組み合わせて貼ることもあります。
半月板損傷で膝の不安定性の要素が大きい場合には、膝関節の動揺を制限するように貼るのが良いでしょう。
キネシオロジ―テープは、関節の固定を行わず筋肉の走行に沿って貼り、筋肉の働きをサポートするためのテープです。
半月板損傷の場合は、脛骨から膝蓋骨の両側に沿ってY字になるように貼り、膝関節の安定性をサポートする場合もありますが、膝関節の固定は行えないので軽症の場合におすすめです。
引用元-半月板損傷にテーピングは効果あり? | 神奈川 横浜市の治療院 | 足の痛みの治療院

膝の半月板損傷のテーピングの方法

半月板が損傷し、剥離や断裂を起こすと関節にはさまれ痛みが出ます。
ひどい時には、膝に水がたまったり、内出血を起こして腫れや熱が生じることもあります。
こうした半月板損傷の痛みを軽減するためのテーピング方法です。
幅15cmのキネシオテープを用意し、縦に切り込みを10cmほど入れ、Y字テープを作ります。
床に足をまっすぐにして、膝をしっかりと伸ばした状態で座ります。
ひざのお皿の下にY字の切り込みのないほうを貼り付けます。
一度膝を立てて、貼り付けた部分を押さえながら、Y字の片側を、お皿を内側から囲むように貼り付けます。
もう片方のY字もお皿を外側から囲むように貼り付けます。
半月板損傷の痛みがある時に兄は病院で教えてもらったテーピングを行い、2日おきに張り替えていました。
テーピングをすると膝の痛みもらくになっていたそうです。
引用元-半月板損傷の治療: 半月板損傷のテーピング方法

簡単な膝テーピングのやり方です
膝のテーピングの簡単な巻き方は膝を曲げてテープを貼る事です。
この方法でテーピングをするとシワができるので膝 を曲げたりするのが楽になります。
逆に膝を伸ばしたままテープを張ると膝を曲げたときにテープが剥がれてしまいま す。
引用元-膝のテーピングは痛みやスポーツによって仕方が異なります

膝の半月板損傷のリハビリとテーピングの関係

半月板損傷は、程度が軽ければ保存療法がとられます。
疼痛がひどい場合は内服や注射などで対処し、水腫を抜く場合もあるようです。
並行してリハビリテーションを行っていきます。
装具やテーピングを活用しながら、膝の機能を補助するために筋力トレーニングや機能的なトレーニングを行います。

手術後の場合にはまずは可動域や筋力の回復を行い、まずは膝をきちんと動かせることがメインとなります。
そして自分の体重を支えたり、日常生活での膝のはたらきなど機能面を強化していきます。
可動域が正常で筋力があれば膝がきちんと機能するというわけではないので、機能面に目を向けることはとても重要です。

そして日常生活に支障がなくなれば、必要に応じてスポーツシーンや仕事での負荷に耐えられるようにトレーニングを行っていきます。
膝には体重の何倍ものストレスがかかるということはよく取り上げあられますが、体重以上の負荷を支えつつ、かつスムーズに動くという機能をはたしてくれているのです。
競技レベルであれば機能をどのくらい取り戻せるかが復帰の指標になります。
多くの場合で完全復帰が可能とされています。
術後半年など長いスパンでリハビリやトレーニングを継続して復帰するという流れが多いですが、あせらずじっくり行って再発しないようにしましょう。
引用元-半月板損傷はリハビリがメイン!サポーターやテーピングで負荷軽減を

 - 健康・医療・治療・保険

ページ
上部へ