ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

朝と夜の頭痛の違いは?頭痛の種類をご紹介!

      2017/02/25

朝と夜の頭痛の違いは?頭痛の種類をご紹介!

朝起きると頭痛がする…夜になると頭痛がする…そんな悩みを抱えている人はたくさんいるかと思います。
朝に起こる頭痛と夜に起こる頭痛には違いはあるのでしょうか?
原因は何なのでしょうか?
朝の頭痛には、夜寝る前に少し気を付けるだけで改善できるかもしれません!
頭痛の種類や違い、また、改善方法など調べてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

朝の頭痛を予防するためには?夜に何をすべき?

水分不足

水分不足が、頭痛を誘発する直接的原因になりえます。
これは、起きている時、寝ている時に関係なく頭痛を誘発すると言うのは、ある意味定説になっている印象を受けます。
水分は、私達の身体の80%を占めてるとっても重要な物であることは、以前から言われています。
起きている間は、意識的に水分を補給できるので、ご自身でコントロール出来る部分ではありますが、やはり、寝ている間はそれが出来ません。
その間にも私達の身体の中は働いています。
副交感神経が呼吸などを司りながら、上手にコントロールしてくれています。
その中でも体温調節も重要な働きの一つ。
起きている間同様、水分を体外に出す事で、体温調節をするために、発汗を促します。
それが、皮肉にも朝の水分不足を引き起こす要因となってしまいます。
就寝前にはコップ1杯程度の水分補給を心がけましょう。
引用元-朝に頭痛が起こる2つの原因!4つの対処法とは | 頭痛.com

スマホ・パソコンの光を避ける

画面をじっと見る事で、脳に刺激を与えてしまう事、これは、最近特に言われていることです。
そして、脳が半分起きたような状態になってしまい熟睡を妨げてしまいます。
そうなると、寝不足状態のまま朝を迎えた時に、頭痛を感じてしまいます。
できれば30分〜1時間前には目に刺激となる光を避けて寝てみましょう。
引用元-朝に頭痛が起こる2つの原因!4つの対処法とは | 頭痛.com

夜寝た後無呼吸症候群の人は朝に頭痛が起きるの!?

頭痛を時間軸でまとめて見ますと、ほとんどの頭痛は朝に起きます。
脳腫瘍は脳圧が寝ている間に高くなります。
睡眠時無呼吸は呼吸が弱いため二酸化炭素がたまって、脳の圧力が高くなります。
高血圧の方は朝方に血圧が急激に上がるときに頭痛がします。
急性副鼻腔炎は夜間に膿がたまるために起きた時に痛みがあります。
うつ病は朝早く目が覚めたときに頭痛がします。
群発頭痛は朝というより深夜に起こります。

これに比べて緊張型頭痛は寝ている間に頭を支える筋肉が休養できますので、起床時は楽です。
起きて活動を始めるとだんだん首の筋肉が凝ってきて、昼前から夕方に頭痛がしてきます。

時刻と関係がないものの代表はクモ膜下出血による頭痛です。
そのほか脳卒中が発症したときにも頭痛が起きます。
頭部外傷後に発生する慢性硬膜下血腫は頭を打ってから一から二ヶ月後に痛くなってきます。
引用元-頭の知恵袋 | 頭痛の時刻表

スースーと軽いいびきならかわいいのですが、ゴーゴーといういびきは呼吸が止まるのではないかと気になって寝られません。
いびきのときに呼吸が止まると脳に酸素が回らなくなり、起きた時に頭痛がします。
またいくら寝ても寝不足で、疲労感がなかなかとれず、日中に激しい睡魔に襲われます。
こうなると睡眠時無呼吸症候群という病気になります。
引用元-頭の知恵袋 | 頭痛の時刻表

朝の目覚めの頭痛!夜に予防は出来る?

◆片頭痛

片頭痛は安静にして質の良い睡眠をとる事で軽減が出来ます。
ただ長時間の睡眠をとるのはダメで正しい生活リズムで過ごすのが大切です。
もし、片頭痛で痛みを感じてしまった場合は、痛む所を冷やして暗い部屋で横になって安静にする事が有効なようです。
ただそのまま寝てしまうと痛みが再発するので注意して下さいね。

◆緊張型頭痛

緊張型頭痛はマクラの高さを変えると改善される事が多いです。
マクラの高さがちゃんと自分に合っていないと寝ている時に首や肩に疲労がたまるので、マクラの高さを改善しましょう。
痛みを感じたら首や肩をマッサージしてコリをほぐすと痛みが和らぎます。
ちなみに、人によっては入浴をすると痛みが治まる事もあるようです。
恐らく、入浴で体が温まって筋肉がほぐれるからだと思われます。

◆群発頭痛

群発頭痛は自力で直すのは難しいです。
もし自覚症状があるのならすぐに病院(内科)に行ってみてもらいましょう。
予防法として実践しやすいのは常に正しい姿勢を意識する事です。
あと、お酒やたばこを控える事も効果的なので取り組んでみて下さい。
回復後に飲み過ぎると再発する事もあるのでお酒は特に注意が必要です。
引用元-寝起きに頭痛がするのは何で?頭が痛くなる原因と治し方について

夜に頭痛が起こる人は緊張型頭痛!?

夜になって頭痛がして眠れなくなる人がいます。
夜に起こる頭痛なので緊張型頭痛と呼ばれるものかもしれません。
緊張型頭痛は、頭重感や締め付けられるような痛みがあります。
また、肩こり、眼精疲労、めまい、倦怠感などの症状が表れます。
緊張型頭痛の原因は、頭部や腕を支える首や肩の筋肉が疲労したり、首の関節の動きが悪くなったりしてしまうからです。
主に以下のようなことを行っている人に多いです。

・デスクワークなど、同じ姿勢が毎日続く仕事環境
・運動不足傾向で、肩甲骨を動かすような動きを特に行っていない場合
・目を酷使するようなパソコン作業
・手先の細かい作業、手・指に集中した仕事

特に、首筋の筋肉が弱い人ほど、頭部をしっかりと支えることができずに頭痛を引き起こしやすい傾向があります。
また、身体的なストレスが無くとも、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症するケースもあります。
精神的に緊張した状態が長期間続くと、脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こし頭痛を引き起こしてしまうのです。
引用元-夜起こる頭痛の原因と対処: 薬に頼らず頭痛や吐き気を治す

頭痛の種類は?どうして頭痛は起きる?

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。
そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

一方、「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。
また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ人もいます。
引用元-頭痛 原因別の頭痛タイプを見極めることが大切 | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

 - 健康・医療・治療・保険

ページ
上部へ