ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

妊娠中の海外旅行~ハワイに行く時に注意しておくべきこと!

   

妊娠中の海外旅行~ハワイに行く時に注意しておくべきこと!

妊娠中に、夫婦2人でゆっくりできる最後の旅行を計画する方も多いようです。
海外旅行に行く方も多く、特にハワイへのマタニティトリップは人気の高い場所です。
しかし妊娠中のハワイ旅行には注意しておかなくてはならない点もいくつかあります。
ぜひ参考にして、楽しく安全な旅行を計画しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

妊娠中にハワイ旅行に行く時のチェックポイント

・医師に相談。
→事前に行っていいのか相談し、必要であれば薬を処方してもらいましょう。

・行き先の病院を探しておきましょう。
→海外の場合は前もって空港や宿泊先から近い日本語通訳ができそうな病院を探しておくこと。
余裕があれば、これまでの妊娠経過を英語で詳しく書いておくと役に立つと思います。
国内の場合も緊急病院の位置や連絡先を控えておくなど、緊急時のことを考えておきましょう。

・スケジュールに余裕を。
→休憩などを多めに取りながら満喫しましょう。

・あきらめも肝心。
→無理はしちゃだめです。行きたいスポットに無理して挑む、など控え目にし、出産後の楽しみにしましょう。

・旦那様の理解は必要。
→何事も相談をしましょう。

・滞在先にもあらかじめ伝える。
→食事や布団など気を使っていただける場合も。

・安心要素の準備を。
→急な体調不良万が一に備えて、旅先の産科情報やグッズなどを用意しましょう。
母子手帳や血液検査の結果、エコー写真などを持ち歩くなど、慌てることないように準備していきましょう。

・保険に入りましょう。
→海外では高額な医療費の請求など対応できるように保険をかけていくことをおすすめします。
引用元-妊娠中だけど行きたいマタニティーハネムーン!先輩口コミと注意点! | 結婚式準備はBLESS(ブレス)

妊娠中のハワイ旅行で考慮しておきたい飛行機事情

1.妊娠中に海外旅行に行くなら、安定期に

妊娠中、海外旅行に行くのであれば妊娠12週から27週の安定期を選ぶのが一般的です。
よほどの事情がない限りは、妊娠初期や後期の海外旅行は控えましょう。

また、航空会社によって異なりますが、妊娠36週以降は医師の診断書が必要などの規定があります。
飛行機内での出産のニュースも何度か耳にしましたが、そういった事態にならないように旅行の計画を立てる際は細心の注意を払いたいものですね。

2.妊娠中の飛行機の席は、通路側のトイレに近い席に

妊娠中はトイレが近くなるもの。
すぐにトイレへ足を運べるように、飛行機の座席は通路側のトイレに近い席を予約するようにしましょう。
また、機内は乾燥しがちなので水分補給はしっかりとしてくださいね。
ただし、コーヒーやお茶は利尿作用があるので、他の飲み物にした方が無難です。

また、妊娠中はエコノミークラス症候群になってしまう確率が通常の6倍に上がるといわれています。
エコノミークラス症候群とは、飛行機などで長時間同じ姿勢でいることで、下半身が圧迫されてうっ血状態に陥り、血栓が生じてしまうことをいいます。
この血栓は肺に詰まって肺塞栓症を引き起こし、最悪死に至るケースもあるので注意が必要です。
引用元-妊娠中にも旅行に行こう!妊娠中に海外旅行に行く上で注意したい7つのこと | mamanoko(ままのこ)

妊娠中のハワイ旅行に伴うリスク

海外旅行でわかりやすいリスクとして長時間の移動に伴うリスク、深部静脈血栓(DVT)が挙げられます。
飛行機に乗ったら水分をよく取って1~2時間ごとに通路を往復するようCAさんから促される妊婦さんもいますね。
健康な人でも十分注意するように言われる「エコノミークラス症候群」(深部静脈血栓症)、そう、これが怖いです。
血栓ができて肺に飛べば肺塞栓症、脳に飛べば脳梗塞です。
妊娠しているだけでも血栓リスクは通常の5倍になっていますから飛行機に乗ったらもっとリスクが高まることは簡単に想像できますよね?

また、飛行機や船に乗っている間は何かが起こっても到着するまで何も処置ができません。
この点が国内の電車や車での移動とはわけが違うところです。
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか」に期待してもダメですよ。
ただでさえ多い産科の訴訟リスクを背負ってまで何の道具も薬も施設もないところで対応を買って出る医師は多くありません。
幸い買って出る医師がいても機内や船内で有効な処置ができるわけでもありません。
引用元-妊娠中の海外旅行、いつまでなら安全?妊婦でも入れる海外旅行保険は

妊娠中のハワイ旅行は医療費に注意を!

ハワイでの医療費はヤバい?

ハワイ(アメリカ)の医療費が高額なことをご存知の方は多いですよね?
では実際どのぐらいの医療費がかかるのでしょうか?

ハワイでの正常出産は100万円前後、帝王切開だと180万円~240万円!
さらい長期入院だと一泊当たり、12万円~36万円に処置費がかかってきます。
さらに未熟児で生まれた場合は、保育器が1日18万円~36万円・・

1000万円なんてすぐですよ。
ハワイで万が一ってことは、普通分娩ではないですからね・・
ハワイは比較的安全な旅行先ですが、万が一のときの出費が相当危険ですね・・笑

ここで、2013年にカナダ在住の夫婦がハワイで1億円越えの医療費を請求されたというニュースを紹介しておきます。
ハワイに行く前に、こうゆうことも起こり得るということを認識しておきましょう。

カナダ・サスカチュワン州在住のジェニファー・ハクラックさんは妊娠6か月であった昨年秋、Blue Crossという米大手保険会社の健康保険に加入し、医師の許可を得て夫とともにハワイ・マウイ島に旅行した。
だが現地で破水してホノルルの大病院に空輸 搬送され、早産の末に赤ちゃんは新生児集中治療室へ。
その出産および入院、超低体重で誕生した赤ちゃんの2か月にわたるケア、空輸などもろもろを合わせた費用はなんと約1億1400万円。
しかし保険会社は支払いを拒否した。
ジェニファーさんは妊娠中に膀胱感染症で治療を受けたことがあり、「ハイリスク妊婦でありながら海外旅行に出かけた」とみなしたのである。
引用元-【妊婦】妊娠中の海外旅行はいつまで大丈夫?ハワイは危険? | 妊婦力

妊娠中にハワイ旅行にいた人の体験談

妊娠7ヶ月、妹の結婚式のため飛行機でハワイへ

うさぎさんからの体験談:
妊娠7ヶ月のときにハワイに行きました。子どものことを考えてすっごく迷ったのですが、妊娠する前から妹の結婚式が決まっていて、どうしても参加したかったので、医師と相談の上。

特に心配だったのが、飛行機。航空会社にも妊娠中だと申告してたため、優先的に案内していただきました。
機内食も意外と食べられ、持っていったウイダーinゼリーなどは特に必要ありませんでした。

現地での食事も問題ありませんでしたが、コンビニに行って大量に買った飲料水が全てなくなったので、初日にいっぱい買っておいて正解でした。

旦那のサポートもあり、幸いなことになにも問題なく、楽しく旅行できました。そして、妹の花嫁姿を見ることができて、本当によかったです。
旦那に感謝感謝でした。

妊娠5ヶ月、ハワイ旅行に2週間

junko121さんからの体験談:
妊娠5ヶ月でハワイに2週間行きました。
年末年始だったため旅行の1年前から飛行機とホテルを予約していたので、産婦人科の先生に確認の上行ってきました。
幸いなことに体調もお腹の赤ちゃんも順調だったので、何事もなく過ごせました。
先生からは、飛行機に乗る前に出血してたり何か異変があれば直前でも旅行はやめる覚悟でと言われていたので、そのような心構えをしていました。
上にも2人子どもがいるので、旅行先での小児科を調べておいたり、体温計やちょっとした薬等々持って行ったり、旅行保険に入ったり準備は万端にしていきました。
引用元-マタニティ旅行はいつ、どこに行った?行く予定?温泉や海外も!|cozre[コズレ] 子育てマガジン

 - 旅行

ページ
上部へ