ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

接骨院で保険適用されるマッサージ~症状に見る治療と問題点

      2016/08/13

接骨院で保険適用されるマッサージ~症状に見る治療と問題点

身体に不調が現れた時、症状の高い改善効果や保険の適用で、接骨院でのマッサージを利用する方が年々増えています。
しかしすべての症状が保険適用になるわけではなく、保険診療には注意点もあるようです。
そこで接骨院で保険適用となる症状や、そこから見えてくる問題点などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

接骨院のマッサージで保険が適用されるケースは…

突然の事故やケガなど急性の外傷

整骨院で健康保険が適用されるケースにはねんざ、肉離れ、脱臼などがあります。これらは急性のケガと見なされた場合に保険適用とされます。

整骨院での保険適用診療の流れ

・負傷した原因や負傷部位を正確に伝えること。
ケガや痛みの原因が外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害に当たる場合は健康保険は適用されません。
また、交通事故などによる場合には健康保険組合に連絡することが必要となります。

・必要書類の記載、署名、捺印を必ず自分で行うこと。
「療養費 第二家族療養費・同付加金 支給申請書」は、受療者が柔道整復師に健康保険組合への請求を委任するものです。
負傷原因、負傷名、日数、金額などよく確認し署名捺印します。

白紙の用紙へのサインや印鑑を渡すことはトラブルにつながる恐れがありますので注意が必要です。

・領収書は必ず受け取り医療費通知で確認をすること。
・施術が長期にわたる場合には内科的要因も考えられる場合があるので医師の診断を受けること。
・整形外科などの病院での治療と重複は不可。
同じ箇所のケガについて同じ時期に整形外科の治療と柔道整復師の施術を、重複並行的に受けた場合には原則として柔道整復師の施術料は全額自己負担となります。
・ケガとは関係のない箇所も一緒に見てもらうことは、保険の適用外になりますので注意が必要です。

引用元-整骨院の料金は高いの?腰痛は保険適用される?骨盤矯正の相場も教えます! |welq [ウェルク]

接骨院のマッサージで医師の同意なしで保険適用されるケースも…

医師の同意なしに療養費の支給対象となるケースがある

整骨院・接骨院出の施術が、針きゅうやマッサージと大きく異なるのは、医師の同意なしに療養費の支給対象となるケースがあることです。
打撲、捻挫に対する施術ついては、医師の同意がなくても、療養費の支給対象となります。
骨折・脱臼にに対する施術については、原則として、保険を使うには医師の同意が必要ですが、必要な応急処置を行った場合などは、医師の同意がなくても療養費の支給対象となります。
一方、以下のような症例に対して、整骨院・接骨院で治療を受けても、公的医療保険から補償されません。

肩こり・腰痛・筋肉疲労・体調不良など
病気からくる痛み
医師の同意のない骨折や脱臼の治療(応急手当を除く)

また、保険医療機関で治療中のものと同じ症状に対して、整骨院・接骨院で柔道整復師の施術を受けた場合は、公的医療保険からの療養費の支給対象とはなりません。

引用元-はり灸あんまマッサージや整骨院・接骨院に保険は効くのか

接骨院のマッサージが保険適用にならないケースは…

◆医師や柔道整復師の診断又は判断等により国民健康保険の対象にならないものの例

単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労
脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善のみられない長期の施術
保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中のもの
労災保険が適用となる仕事中や通勤途中での負傷

引用元-大阪市市民の方へ 柔道整復師による施術(整骨院・接骨院など)を受けるときのご注意

次のような場合は、整骨院・接骨院で健康保険が使えません!

日常生活やスポーツ等での単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労
打撲や捻挫が治った後のマッサージなど
リウマチや関節炎など内因性の筋肉や関節の痛み
脳疾患後遺症などの慢性病や症状改善のない長期施術
椎間板ヘルニアなど医師が治療すべき病気
労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷(労災保険からの給付になります)
上記のような場合で、施術を受けた場合は全額自己負担になります。

引用元-接骨院にかかるとき|こんなとき、どうする?|東京電子機械工業健康保険組合

接骨院のマッサージの保険適用には問題点も…

整骨院・接骨院は見かけ上は、病院や診療所と同様に3割負担で利用できるので、本来なら健康保険の対象にならないようなケースでも保険請求を行う患者や治療院もあり、一部で問題となっている。
とくに2009年11月に行われた行政刷新会議の事業仕分けで、この問題が取り上げられてからは、保険利用の適正化に向けた動きが加速している。
一部の健康保険では、整骨院・接骨院を利用者に対して電話をかけて「どのような理由で治療を受けたのか」などを問い合わせることもある。
不適切な利用の場合はその費用は払わないこともあるという。
はり・きゅう、あんまマッサージ、柔道整復は、古来から伝わる日本独自の治療技術だが、治療効果を証明する科学的根拠が欠けていると指摘する声もある。
しかし、整形外科での治療で効果が出なかった人が、はり・きゅう、マッサージによって痛みが和らいだというケースもあり、一概に否定することはできないだろう。
たしかに日々の体調管理に健康保険を使えれば、患者は負担を抑えて治療を受けられる。
ただし、その財源には限りがある。医療はこの国で暮らすすべての人の共通の財産だ。
「保険を使えば安いから、使わないとソン」とばかりに欲張って食い散らかしてしまうと、本当に必要な人、必要な時に医療がいき渡らない可能性もでてくる。
患者も医療者も法令順守した正しい使い方をするとともに、必要な医療を必要な人が平等に使えるようにするために、分かりやすい支払いシステムなどを整備していくことも必要ではないだろうか。

引用元-はり・きゅう、マッサージ、整骨院・接骨院の治療はどこまで健康保険が認められるか?|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

接骨院で保険適用のマッサージを受ける時の注意点

【注意点1】同時期に他の医療機関との併用は保険適応内では受けられません。

病院で腰を診てもらいながら、整骨院も通うなど同時期に2か所以上の保険は利きません。
※通院する月を変えて、どちらかの通院だけにしないといけません。

【注意点2】急性期に起こった腰痛でないと保険は利きません!

だいたい2週間以内に始まった腰痛が保険適応内です。
また、外傷や捻挫などの損傷による痛みでないとダメです。

このあたりは整骨院の先生が、詳しく対応してくれるので、まずは整骨院に出向いてみるのがいいでしょう。

引用元-腰痛は保険治療が利きますか?病院、整骨院、鍼灸院は保険適応です!

整骨院に治療を受けに行っているので保険適用はできるが、ただ単に足がだるいとかでは保険適用外になるし、はっきり言って違法になってしまうのでその点は気を付けられた方がよい。
あとは同じ傷病で同時に2か所以上の整骨院(接骨院)に通院している人も保険対象外になるので、気をつけていただきたい。
それに整骨院(接骨院)でなかなか治療が改善されずに検査の為、病院に行く事も出来ません。
もし検査を受けたい場合は整骨院(接骨院)からの紹介状が必要となる。
なので勝手に自分の判断で色々としてしまうと、保険適用外などになると実費になってしまうので、そのような場合は各治療院で相談して、判断をしてもらった方がよい。

引用元-整骨院(接骨院)で治療を受ける時の保険に関する注意事項

 - 健康・医療・治療・保険

ページ
上部へ