ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

幼稚園年中頃の仲間はずれ~子供の成長の為に親ができる事

   

幼稚園年中頃の仲間はずれ~子供の成長の為に親ができる事

幼稚園年中頃には園の生活にも慣れ、お友達との遊びも盛んになります。
またその一方で自我が目覚める時期でもあり、お友達との違いや関係性にも敏感になっていきます。
その為、お友達を仲間はずれにしたり、されたりと友達との関係に悩みを抱えてしまうことも…
子供の成長を親としてどうに見守るべきか、親子の関係についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

幼稚園年中頃は友達からの仲間はずれが起こりやすい時期!

年中さんへの対応:集団としての認識が上がってくる時期

年中になると、集団としての認識が上がってきます。
そして、特定のグループを作って遊ぶようになります。
そのような年中の時期に必要なことは、状況等を考慮しつつ、どのようになっていくのか様子を見守ることです。

やみくもにケンカをただ止めてしまうのではなく、お互いの話を聞いて流れを知ったうえで、双方の気持ちを代弁しつつ、解決の糸口を見つけていきます。
最終的には、どうすれば良かったのかを当事者と共に一緒に考え、当事者自身の力で解決できるように導いていきます。
引用元-園長先生が教える!避けては通れない子どものケンカの対処法 | Conobie[コノビー]

年中、年長となるに従い、子ども自身の意思でお友達や遊びを選び、そこからグループ化していくことが多く、子どもの成長を感じますね。
引用元-幼稚園に通うとグループができる女の子!仲間はずれにならない方法 | 後悔したくないママのための知育応援サイト

中には、自分の子どもが幼稚園でもグループにも入らず一人で遊んでいる、どうしたらいいの?と悩んでいるママもいるかもしれません。
親としては、幼稚園でお友達と仲良く楽しく元気に一日を過ごしてほしいと願いますね。
子ども自身はどうですか?
気にせず、一人でも楽しく遊んでいるようであれば、もう少し見守ってあげてはいかがでしょうか。
そのうちタイミングが合えば、お友達と元気に遊ぶようになりますよ。
もし、今子どもが悩んでいるようであればママの出番かもしれません。
先輩ママのアドバイスからお友達やグループになるための方法を探ることができると思いますので、是非参考にして子どもに手助けをしてあげてくださいね。
引用元-幼稚園に通うとグループができる女の子!仲間はずれにならない方法 | 後悔したくないママのための知育応援サイト

幼稚園年中頃の仲間はずれは早期教育が影響している!?

幼児教育に熱心な親は子どもに勉強させます。
幼児の教育に大事なことは「ほめること」です。
ほめて、ほめて伸ばして行くの普通です。
厳しくやって子どもがやる気を失ってはいけませんからね。
このほめる行為に問題があるみたいです。
ほめると子どもは喜びます。
子どもにとって親は大きな存在です。お父さんやお母さんの喜ぶことが正しいと思うものなんですね。
だから、子どもは嘘も言うんですよ。
子どもの嘘のほとんどは、お父さんやお母さんを喜ばせるためにとか、悲しませないためとも言われます。
ですから、早期教育を行いながらほめられることは、子どもにとって、すごくうれしいこと。
ところが、少し間違った解釈をすることがあります。
勉強ができることは、親だけでなく誰にとっても、うれしいことなんだと思ってしまいます。
自分はこんなことができると見せれば、みんな喜んでほめてくれると思うんですね。
それは、相手が大人でも子どもでも同じ。そう勘違いしてしまいます。
そして、やってしまいます。
幼稚園のクラスの子に、知っていることをまるで自慢するように言うんです。
相手の子は、当たり前ですが、すごい!なんてほめたりしません。
それどころか、煙たい存在としてとらえてしまいます。
ここで仲間はずれとなる原因が生まれます。
決して子どもに悪気はないんですけど、そうなるんです。
引用元-早期教育が原因で幼稚園や保育園で仲間はずれになるってホント? | kobito

幼稚園年中頃の仲間はずれで強い精神力を養うきっかけに!

子どもがいじめられていても特に何かをする必要はありません。
冷静に少し離れたところから見守ってあげましょう。
なぜなら、子どもの精神力を強くする絶好のチャンスだからです。
幼児期のいじめや意地悪は、精神的にも肉体的にも幼く、物事の良し悪しの分別がついていないことが多くそれほど陰湿ではないため、子どもがいじめに対する抵抗力をつけための経験にもなります。

もちろん、それが明らかに陰湿ないじめであり、子どもの身に危険があるなどの場合は別です。
子どものSOSサインを受け取り、親としてきちんと助け船を出しましょう。
いじめや意地悪は、世界中であります。
子どもの世界だけでなく分別のある大人の世界でも日常茶飯事です。
残念ながら、これは防ぎようがありません。

ですから、幼児期に親がすべきことは、いじめから遠ざけて守ることではなくて、“いじめに負けないような精神力”をつける手助けをすることなのです。

仮に子どもが親に助けを求めても、「やられちゃったね」「辛かったね」と共感してあげるだけで十分です。
子どもは意地悪をされて悲しい思いをすることで、相手の心の痛みもわかるようになります。
引用元-守っちゃダメ!? 子供がいじめられた時「負けない精神力」をつける親の対応って? – It Mama(イットママ)

幼稚園年中頃の仲間はずれ…親として子供にしてあげられる事は?

子ども自身が解決できるよう導く

子どもが元気がない、様子がおかしいなど普段と違うときに試してほしい有効な問いかけ、拍子抜けするくらい簡単なものですが、それは『どうしたの?』です。
もちろん、咎めるように聞くのはタブー。何でもない、と言われたらそこまでであとは放っておきましょう。

もしも話してくれたのであれば次に『どう思う?』『どうすればいいと思う?』『どうなったらいい?』など子ども自身に考えさせてあげてください。
『なぜ?』は詰問口調なので使わない方が無難です。
そこに親の意見は必要ありません。
引用元-子どもが仲間外れにされているとき親にできる7つの対応 | hot家族

子どもの友達に会った時

もしもその仲間外れにしている子どもの友達に会った時にはその子を咎めるような言葉は絶対言わないようにしましょう。
代わりに『一緒に遊んでくれてありがとう』とか『一緒に遊んでね』と言ってください。
人は咎められると素直になれませんが「ありがとう」と言われるとなれるからです。

家を居心地の良い場所にする

家の中の親子間や兄弟関係もそうですが子どもは友達との付き合いの中でいろんなことを学んでいきます。
友達との関係が気まずくなったり仲間外れの経験も後で大きな力になるものです。

しかし、そのときは子ども本人にとってもつらいものです。
外でそれに耐えているのならせめて家は居心地の良い場所であってほしい、特に母親は子どもにとって一番安心できる人であってほしいと思います。
子どもを受け止めてあげましょう。
引用元-子どもが仲間外れにされているとき親にできる7つの対応 | hot家族

幼稚園年中頃の仲間はずれ…自分の子供がしていたら?

半年ほど前から、お友達2人と遊んでいても一人だけ仲間はずれにするのです。
1人を仲間はずれにしていじめると言うよりも、もう片一方の子にばかり話しかけたり、「~~してあげようか!!」と必要以上に構うのです。
メンバーが変わっても同じ状況で、一人の子にばかり話しかけたり、世話を焼きます。
園では先生から「みんなとトラブルなく、仲良くできている」と言われています。
でも、先生のことは怖いようで自宅で聞き分けがない時に「(園の)お帳面(連絡帳)に書いとこ!!」と言うと、「アカン!!」と血相を変えて行動します。
園では色々と我慢しているので、みんなと仲良くしているのかなあと思います。
引用元-子育て・育児の悩み・疑問を相談、情報交換掲示板【こそだて】

娘さんは沢山のお友達との経験をしているのだと思います。
私の考えは、小学生になる前にいかに沢山、お友達と沢山遊び、喧嘩やトラブルを乗り越えてきたかで、小学生になった時に結果が出てくるようなような気がします。
お友達と、3人で遊ぶって事は、親もトラブルになりがちで逃れたいような気もします。 
3人で遊ぶって、うまく遊べない事も良い勉強なんですよね!!
一人、絶対、仲間はずれになるとか、リーダー的存在になるとか問題が出てきそうですもんね。
トラブルが付き物のような。
その度に、お母さんが冷静に受け止めて、相手はどぅ思うか、どぅしたら良かったか。どんな風に声を掛けると良いかな・・・など、うまく遊べるように話し合って、アドバイスしていけば良いと思うのです。
そして、小学生になると、3人は苦手に感じれば、4人になるようにするだろうし、3人にならないような工夫をしていったりします。

小学生の娘は、仲良しの子をうちに何人も呼びます。
幼稚園の頃から、習い事のない日は、必ずお友達数人で遊ぶ環境です。お陰で、うまく遊べるようになっているかなとも思います。
喧嘩なく遊びます。でも、それなりに色々な気持ちになっているようです。経験ですよね。
しかし、この頃は相手の家に行く時は、3人って数字を嫌います。
なんで?と聞くと、みんなウチだと仲良く遊べるけど、自分ちだと二人で固まってしまうから・・・。と。
二人か四人で遊ぶなら行く!と言います。
小学生になると、そんな問題以上の事も沢山出てきます。
それを乗り越えれるような強い子になって欲しいですよね。
子供なりに色々考えて、放課後を楽しんでいます。
沢山遊んで、色々学んで欲しいと思っています。

娘さんも幼稚園では良い子で、我慢しているのかもしれません。
うちの子もそうでした。
先生に怒られないように頑張っていると褒めてあげましょうよ!
おうちでは、のんびり、楽しく生活して沢山の子と触れ合っていけば大丈夫ですよ!!
引用元-子育て・育児の悩み・疑問を相談、情報交換掲示板【こそだて】

 - 幼稚園・保育園・学校・教育

ページ
上部へ