ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

中学生に勉強をやる気にさせる方法とは?

   

中学生に勉強をやる気にさせる方法とは?

学生時代、一番に悩むのが「勉強」ですよね。
特に中学生は受験勉強を控え、1年生の時から勉強になっている人も少なくありません。
しかし、どうしても続かないのは「やる気」。人間は45分で集中力が途切れると言います。
そこで今回は「勉強をやる気にさせる方法」を探しました!
受験勉強のやる気に火を点け、高校生活も充実させましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

5つの環境を作って勉強のやる気にさせる!

1. 場所を変える

自分の部屋というのは、自分の好きな物が多く集まっている場所。
マンガやゲームなど、「休憩」という名目で、いつのまにか没頭してしまう「邪魔者」が数多く存在します。

できればそういった魅惑の少ない環境でやることが、勉強のやる気を引き出すコツ。
もっといえば、「勉強する以外することがない」場所に移るのが得策です。
具体的には図書館や知り合いのいないカフェなど。
静かで集中できる場所を選び、まずは勉強するしかない環境を作り上げましょう。

2. 騒音をシャットアウトする

図書館はともかく、カフェなどの場合は、自分以外にも人が多くいますし、カフェに来る目的もさまざま。
中には友達とおしゃべりをするために来る人たちもいます。
そんな人たちに「うるさいなぁ」なんて思っても、そこは互いの事情が違うから仕方のない部分も。
また、隣の人の話が気になって、つい耳がそっちに向いてしまい、集中力をそがれ、いつの間にかやる気を失っている、なんてことも起こってしまいがち。

そんなときはイヤホンをして音楽を聞くなど、騒音をシャットアウトすることを心がけましょう。
音楽を聞く場合は、どんな音楽でもいいですが、「自分も歌える」曲は避けることをおすすめします。
気づいたら頭の中で一緒に歌っていた、ということになっては、結局周りの話し声と同じことに。
できれば歌の入っていない曲を選んでBGMとしてかける程度にしましょう。

3. 部屋を掃除する

自宅で勉強をするしかない、ということも十分にあると思います。
たとえば部活のあとなどで、夜遅くに勉強をしなければいけないケースです。
そんなとき、部屋が散らかっていると、視界のあちこちにいろいろな魅力が映ることになり、気がついたら勉強ではないことをしてしまっていた、なんてことになりがち。
まずは勉強のやる気を阻害し得る要素を視界から排除するようにしましょう。

ただ、掃除をするとなると、変に気合いを入れて隅から隅までやってしまう、なんてこともあるかもしれません。
そして掃除に夢中になって、いつの間にか勉強する時間がなくなっていた!なんていうことにも。
そんなことにならないように、あくまで勉強するのに邪魔になるものを視界の外に追いやる程度の掃除に留めるのがよいでしょう。

4. 部屋着に着替えない

特に自宅で夜勉強する場合に注意が必要なのが、やる気が出なくてベッドに横になって、そのまま朝を迎えた、なんていう事態です。
ゴロンと横になりたくなるのは、どこか心がリラックスしようとしているから。
そこで、部屋着のようなリラックスできる格好で勉強をしないようにしましょう。

特にポイントとなるのが靴下などの締め付けのある衣服。これらを脱いだり緩めたりすると、心も少し緩んでしまいます。
多少締め付けを感じても、自分の心を引き締めるんだという思いをもって、そのままの格好で勉強をされることをおすすめします。

5. 部屋の温度を少し低めに設定する

これは多少人によって異なるかもしれませんが、部屋の温度が高めになっていると頭がボーッとしてしまいがち。
そしてそれが自分の部屋だった場合、ボーッとしてきたから少し休憩、なんていう「休憩の口実」を作ってしまうことになります。
そのためエアコンの温度を少し低めに設定することも、やる気を引き出す上で大切なポイントの一つです。
引用元-【環境もやり方も】勉強のやる気を出す10の方法|ベネッセ教育情報サイト

「どうして勉強する必要があるのか?」という理由

大人になり、仕事をするようになると、学校で勉強をするより、もっともっと、たくさんの勉強をしなければいけません。
成績が上がらないからやらない、覚えないから、勉強はしない。
子供は、そんな風に思っているかもしれません。
でも、勉強ができるできないなんかは、関係ありません。
勉強すること自体が大事なのです。

どんな大学に行こうと、人生が決まるわけではない。
どんな会社に勤めようと、一生同じ会社で働くわけではない。

そうではなく、勉強すべき時に勉強ができるかどうか?
やるべき時に、やるべきことが出来るかどうか?

そんな時に、嫌いな勉強にどう向き合うか?どう乗り越えていくべきか?
これからの人生で、それが大事となり、だから勉強そする必要があるのです。

スポーツでもそうです。
勝つには練習しなければいけません。
練習しなければならないのです。

練習はつまらなかったり、大変だったりもします。
でも、練習するからこそ、勝てるようになるのです。
もし、大事なことから逃げていたら、今後、ずっと逃げるようになるかもしれません。
でも嫌いな勉強に立ち向かえるようになれば、今後の人生で、どんなに辛いことが起こっても、立ち向かえるようになるのです。
勉強で学ぶのは勉強ではありません。
人生の生き方を学ぶのです。
※勉強も大事ですが、勉強よりも大事なことです。
だから勉強する必要があるのです。
引用元-子供に勉強のやる気を出させる!たった1つの言葉とは!? | 自分自信の育て方

中学生のお子さんには、「ごくごく、やわからかに」がポイント!

反抗期のお子さんへのお声がけは、ストレートに言うと反発されますので、なるべく変化球で語りかけましょう。
「勉強しなきゃダメでしょ!」と言うと反発するので、「勉強は別に、しなくていいよ」などと、やわらかく言ってみましょう。
投げやりにそう言うのではなくて、ごくごく、やわらかく言うのがポイントです。
反抗期のお子さんは、親御さんの言うこと、特に命令調で言われることに対して反発してきますので、

・なるべく命令口調で言わない
・反対のことを、あえて言ってみる

というのが有効なのです。
引用元-「反抗期」の中学生を、勉強させるには?|保護者の悩み相談

親の役割は、中学生のお子さんを勉強のやる気が出るように導いてあげること

勉強が出来る子 出来ない子
勉強を自分でやる子 言われてもやらない子
こうした 子供の違いは いったい何だと理解されていますか?

まさか 生まれ持った能力の違い とは思っていませんね

こうした子供の違いは、その親の子育て 導き方の違いの結果の現れです

勉強も運動も同じですが子供本人が自分自身で楽しいと感じたりヤル気を持てたり自分自身の為だと思えない限り身につきませんし 成長しません
親の役割・責任は、子供をその様に導いてあげる事です
引用元-中学生の長男への勉強のやる気を出させる方法を教えてください… – Yahoo!知恵袋

中学生の場合、「時間を掛けずに熟すこと」がポイント。

中1の終わりから中2というのは、主様のおっしゃる通り『中弛みの時期』であり『学力が低下する時期』だそうです。
これは、3年生が部活を引退した後、2年生が中心の部活・生徒会が始まり、生活の比重が学習よりそちらに傾くからだそうです。
ある意味、仕方ない事だそうで、学校としては『学習の下降線を最小限に抑え、3年生までに緩やかな上昇になるようにする』という事に努めなければいけない、と言っておられました。

3年生で部活を引退し、学校行事が一通り終わると、一気に上昇するそうです。
この仕方ない時期ですが、ポイントは『時間を掛けずに熟すこと』だそうです。
一度に沢山は出来ないので『先ずは宿題を時間を掛けずにやる』事。
時間にゆとりが出来てから教科を増やし、家庭学習の時間を増やす。
という感じの勉強の仕方で良いそうです。
引用元-中学生で突然「やる気スイッチが入った瞬間」を教えて下さい。 – 中学… – Yahoo!知恵袋

 - 学生・資格・勉強・進学

ページ
上部へ