ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

トラブル回避!近所の騒音苦情はどこに対応してもらうべき?

      2016/12/09

トラブル回避!近所の騒音苦情はどこに対応してもらうべき?

ご近所トラブルの一番の原因となっているのが、騒音の問題です。
自分のとっては生活音でも相手にしてみれば騒音と感じてしまう事や、ライフスタイルや生活時間の違いなどでもその原因になってしまいます。
トラブルにならない為にはどのように騒音苦情を伝えるべきなのでしょうか…
トラブルなく快適に暮らす方法について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

近所の騒音苦情はどこに?〜賃貸物件の場合

管理会社に電話で相談・通報

騒音被害に合ったら、騒音を出してる部屋を特定できていなくても構いません。
まずは管理会社に電話をして相談してください。
そうすると管理会社はまず最初に、「入居者の方から騒音の苦情がありましたのでご協力お願い致します」などと書かれた注意書きの紙を、入居者全員のポストに投函してくれます。(相談した依頼人の情報は、入居者全員にバレることはないのでご安心を)
引用元-近所の騒音、苦情はどこに?警察に通報してもいいの? | 猫のアンテナ

近所の騒音苦情はどこに?〜戸建ての場合

戸建てを購入している場合は、町内会など所属している自治体に相談するのが無難と言えます。
直接注意するのではなく、自治会などを通して苦情をしてくれるので、後々トラブルが悪化しにくいというメリットがあるからですね!

戸建てのオーナーとのトラブルも・・
マンションなどの家主と違い、戸建てオーナーはその物件以外に不動産を所有してないケースが多く、貸家業を理解してない事も少なくないと言えます。
つまり、何かトラブルが起こった時にも、キチンと対応してくれないなど揉める事が多いという事なんですね・・
「管理料がもったいない」という理由で、管理会社に管理を依頼してない事も珍しくない程。
これらは賃貸契約を結ぶ前に確認しておくべき箇所なのですが、既にしてしまっている場合は、後ほど紹介する対策を実践する事をオススメします。

後、騒音がひどい隣人の家が賃貸物件と分かっている場合は、その管理会社やオーナーを突き止めて報告・相談するという方法もあるのですが、個人で調べるには限界があるので、あまりオススメ出来ません。
引用元-隣人がうるさい!戸建ての場合にすべき3つの行動とは? | up-your-life

近所の騒音苦情は警察に届けてもいいの?

警察を呼ぶ前にできることを考える

警察を呼ぶことは決して悪いことではありません。
警察の方は騒音による通報に慣れています。
それに守秘義務もかなりしっかりしています。
「誰が通報したの?」なんて聞かれても絶対に言いませんし、そもそも警察自体も誰が通報したのか知らない場合もあります。
なので逆恨みされる心配もありません。
しかし、もし他に何かできることがあるのなら警察を呼ぶ前に勇気を持って行動をしてみましょう。
相手も自分の出している音が他人に迷惑をかけているという自覚が無い場合もあります。
注意をすれば「あ、すいません。気をつけます」なんていって気をつけてくれる優しい人かもしれません。
そんな優しい人に警察を投入するのはかわいそうかも?

警察を呼ぶ以外の騒音対策の定番としては

管理人に連絡をする
壁ドンをして「うるさい」と言う気持ちを伝える
手紙などの書類をポストに入れる、貼り付ける
直接訪問をして困っていることを伝える

などあります。
引用元-騒音被害で警察を呼んでもいいの?〜警察を呼ぶときの注意点と流れ〜 – なるトク! 〜お役立ち情報ブログ〜

近所の騒音は苦情を入れる前に証拠を取っておこう!

音や映像で残す

携帯電話でも簡単に映像が残せるようになりましたので、記録自体は難しくないと思います。
しかし、記録した物では実際に聞こえている騒音より小さく聞こえる可能性もありますので、映像の中に比較となる物を入れると効果的でしょう。

比較の仕方として、テレビの音量を映す事が比較的簡単です。
テレビの音量はテレビ画面に表示されますので、聞こえてくる隣人の音とテレビの音の大きさから、おおよその見当はつくと思います。

時間を残す

普段では我慢できる大きさであっても、深夜では我慢できないケースは多々あります。
そんな時は映像と一緒に時計を映すなど、その時の時間を確認できるようにすると良いでしょう。
また、騒音が長く続く時などはメモを残しておくだけでも問題はないでしょう。

騒音計を使う

騒音計を用意できるのであれば、証言により説得性が増すでしょう。
騒音計とは、『音の大きさを騒音レベルとして数値化する装置』です。

騒音レベルの目安としては、掃除機やキータイプの音は『うるさい』と言われる70dB(デシベル)。
図書館の音量で40dBとされています。
なお、深夜では40dB程度でもうるさいと感じる事が多いようです。
引用元-【もう我慢出来ん!】隣人との騒音トラブルを解決する方法|トピックスファロー

騒音苦情で近所トラブル…裁判沙汰に発展することも!

「騒音おばさん」事件は最高裁にもつれ込み

隣人との騒音トラブルが警察沙汰になった代表例としては、前述した「騒音おばさん」の事件があります。
この事件は2002年11月から05年4月の間、CDラジカセで大音量の音楽を流し続けて近所の女性に睡眠障害などを負わせたとして、奈良県の通称「騒音おばさん」が2005年4月に傷害罪の容疑で奈良県警に逮捕された事件です。
住宅街の隣人の騒音が刑法の傷害罪にあたるかどうかが争点となった裁判は最高裁までもつれ込み、日本中の注目を集めました。
2004年4月の奈良地裁の一審判決では、「音楽を大音量で鳴らし続ける行為は、被害者に精神的ストレスを与え、身体の生理的機能を害するもので傷害罪にあたる」と認定し、「被害者に困惑を与えることに徹した執拗、陰湿な犯行で、反省の態度が感じられず、再犯の可能性も高い」として、被告に懲役1年の実刑判決が下されましたが、弁護側、検察側双方が控訴しました。
2006年12月の大阪高裁の二審判決では、近所の主婦にストレスを与え続けて体調不良に陥らせるため、被告が自宅から隣家の被害者に向けて連日連夜にわたって音楽を大音量で流し続け、被害者に頭痛や睡眠障害、高血圧症の悪化などを負わせた行為は傷害罪に当たると指摘、「傷害の確定的な故意があり犯行は陰湿。一審判決の量刑は軽い」として一審判決を破棄し、懲役1年8月の実刑判決が下されました。
そして、弁護側の控訴を受けた2007年4月の最高裁判決でも、被告側の上告を棄却する決定が下され、2審判決が確定したのです。
引用元-サイバー法律110番:最強の回答&対策データベース

 - 生活・暮らし

ページ
上部へ