ブックマークしておきたくなる記事を毎日更新!

ぶくまん

もはや新常識!?職場の飲み会に行かない若者が急増中!

      2016/09/26

もはや新常識!?職場の飲み会に行かない若者が急増中!

以前は上司に誘われれば二つ返事で飲みに行くというのが当たり前とされていました。
しかし最近では職場の飲み会に行かない若者が増えてきているようです。
中年世代には信じがたいこの現象、これからのスタンダードになるのはどちらなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

90cm 水槽 立ち上げ
90cmの水槽の立ち上げ手順と押さえておきたいポイント

魚の飼育をしていると、魚の成長に合わせたり、規模を大きくした...

crp 高い 下痢
crp値が高い!ツライ下痢症状が続く関係と対処法

ツライ下痢症状が続く時、病院を受診するとcrpの検査をするこ...

うつ 薬 肝臓
抗うつ薬の服用で肝臓に与える影響と薬の副作用について

うつ病治療で薬を服用していると、うつ病の症状は快方へと向かい...

車 免許 期間
最短で取るなら…車の免許取得にかかる期間を徹底検証!

車の免許を取得するのにはある程度の期間が必要です。 忙しい...

赤ちゃん おんぶ やり方
ママとのふれあい!赤ちゃんに適したおんぶのやり方

赤ちゃんのお世話をしていると、なかなか家事が進まない…と感じ...

大学 奨学金 年収
大学の奨学金受給のための条件と親の年収の関係について

大学の奨学金は先進国の多くが給付型を実施する中、日本はなかな...

肉 冷凍 そのまま
お肉の冷凍方法~買ってそのままはNG!?保存のポイント

お肉が特売になっていたらついつい多めに買って、冷凍保存してい...

貧血 数値 6.8
重度の貧血状態に…ヘモグロビン数値が6.8って低すぎ!

何だかフラフラとめまいや立ちくらみが続いている時、ヘモグロビ...

片耳 難聴 イヤホン
片耳難聴の原因はイヤホンかも!気になる症状と対処法

最近はスマホなどでも気軽に音楽を楽しめるようになり、イヤホン...

名古屋 伊勢神宮 高速
名古屋から伊勢神宮へアクセス!高速ルートのポイント

週末トリップにオススメの伊勢神宮。 今回は名古屋からのアク...

便 白い 混じる
便に白いものが混じる…。病気なの?!何が原因?!

自分は元気!と思っていても、身体は素直です。 寒気がある、...

2歳 足 サイズ
2歳頃の平均的な足のサイズ〜結構重要!靴選びのポイント

2歳頃になると自分の力で歩いたり、走ったりと行動範囲が広がり...

26歳 貯金 500万
26歳の貯金事情!貯蓄額500万ってどう?リアルな実態

何が起こるかわからないこのご時世、何かあった時に対応できるよ...

飲酒運転 罰則 通知
飲酒運転と罰則~交通違反の通知後にすべきことと注意点

飲酒運転の取り締まりが強化される一方、なかなか検挙数が減らな...

犬 散歩 服装
犬の散歩と服装選びの重要性!防寒・防暑対策とは…

犬に洋服を着せることには賛否両論あるようですが、犬の服装には...

公務員 説明会 質問
公務員の説明会で質問すべき事柄と他者と差をつけるポイント

就活中の公務員の説明会で質問した方が有利になる…なんてことが...

広告 デザイン 手書き
広告デザインは手書きがオススメ!?効果的に印象付けるコツ

街角で配られるものやポストの中、私たちの生活にはたくさんの広...

男性 ウエスト サイズ
男性の理想的なウエストサイズとモテる男のカラダづくり

男性は女性に比べ内臓脂肪がつきやすいと言われ、メタボリックシ...

電動自転車 バッテリー 盗難防止
しっかり自己防衛!電動自転車のバッテリーの盗難防止方法

モーターの力で快適に走行できると人気の高い電動自転車。 し...

夫婦 生活 子供
夫婦生活が減っちゃった!子供が生まれてかわる夫婦のカタチ

どんなに仲が良かった夫婦でも、子供ができるといろいろなことが...

スポンサーリンク

職場の飲み会に行かない若者が急増中!

会社の飲み会に参加しない若者が増えているという。

単純に酒を呑まない人が増えているから。
という理由でも説明がつかないわけではないが、それだけが理由ではないと思います。
私も飲み会には参加したくないです。特に会社は嫌でしょうね。何故か?楽しくないからです。
基本的に飲み会に参加したい理由があるとすれば、それは飲み会の場が楽しいからに他ならないと思います。
つまり、楽しい時間を過ごせるからこそ行きたいと思える面もあるが、そう思えないならば行かないのは当然だと思います。
会社もそこをいい加減に考えるべきだと思います。
飲み会は強制に渡らないものであれば問題ないが、強制に近いものとなると、これは参加者に給料請求権が発生する可能性が出てきます。
つまり、拘束時間分の給料を参加者全員から請求される可能性があるおいうこと。
そして、それを支払わないと賃金の未払いになり、利息も増えていくということ。
そして、そもそも、まともな会社ならば飲み会というイベント自体を考え直すべきだと思う。
こんなに支持されていないのに。
しかも一発芸とか、罰ゲームとか強要されるケースもあって、パワハラの訴えもあるほどですからね。
飲み会の存在自体がうざいと感じている人は多いです。
飲み会のような場が嫌い、そもそも酒が嫌い、飲めないという人がたくさんいる時代になってきたので、社員同士の親睦を図るイベントとして飲み会自体を見直すべきだと思います。

引用元-飲み会を断り続ける、行かない人が増えた理由は金にならないから

職場の飲み会に行かないことがダメなとされる理由は…

飲み会も仕事の一環だから

会社の飲み会の時間は、勤務外なので参加は強制ではなく、任意参加ですが、仕事の延長線上にあります。
正当な理由を言えば承認してもらえますが、会社の飲み会は、仕事の一環と考える上司もいるので断る場合は、幾つかの条件が必要になります。

付き合いが悪いと言われる

飲み会の誘いは上司からされることが多いです。
上司からの誘いを断ってしまうと「俺の言うことが聞けないのか」と怒られてしまうこともあります。
付き合いが悪いと会社での居場所がなくなりますし、話す相手もいなくなってしまいます。
一度断っただけで冷たい態度をとる人もいるので気をつけましょう。

社会人として当たり前

特に体育会系の体質の会社は、飲み会を徹底しています。
新人は強制参加で、グラスに注がれたら全部飲まなければならないと言います。
上下関係には厳しく、先輩の言うことには逆らえません。断るなんて言語道断ということです。

引用元-付き合いは面倒!飲み会に行かないと文句を言われる3つの理由 | Saras[サラス]

会社の飲み会に行かないのは非常識なのか?

日本の職場では、飲み会を断ると「付き合いが悪い」と思われます。
ひどい場合だと、「社会人としての常識がない」と言われてしまうことすらあります。
特に仲が良いわけでもない人たちと数時間も席を共にし、その結果、相手のことがますます嫌いになるだけの飲み会に出席するのが「常識」なのだとしたら、それはだいぶおかしな「常識」のように思えます。
職場の飲み会に出席しなければいけない理由を、「社会人としての常識」としか説明できないのだとしたら、それは「黙って言うとおりにすればいいんだよ」と押さえつけているのと一緒なのではないのでしょうか。
このあたりで、一度「常識」を疑う必要があるように思います。
会社でわざわざ行事として飲み会を用意しなくても、気が合う人たちは勝手に集まって飲みに行きます。
忘年会も新年会も、やりたい人たちが集まって有志一同でやれば、それでいいのです。
こういった有志の飲み会は、大いにやればよいと思います。

引用元-「飲み会も仕事のうち」は、社会人の常識? | あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

職場の飲み会に行かないけど問題ない?

飲み会の参加に強制はない

そもそもですが、会社が給料を出して飲み会に誘ってくれるわけではありませんよね。
結局お金を払うのは、「あなた」なんです。ですから、飲み会に参加しなきゃいけない義務はないということです。
だからこそ断ることがあっても何ら問題はないということですね。

本来従業員を拘束していいのは、就業時間のみ

上司や先輩に誘われてしまったから行かざるを得ない時って確かにあると思います。
おごってくれることもあるかもしれないですしね。
しかしながら、行く行かないの決定権はあなたにあります。付き合いに応じなければいけないわけじゃありません。
そういう付き合いに参加しなければ、出世できない会社であれば、はっきり言って無駄な時間を過ごすことになるかもしれません。
その理由は、勉強して資格取得やスキルアップや副業に使うことができる時間を、出世に繋がるかわからない付き合いに使わなければいけないからです

引用元-飲み会が嫌いな人が無理に参加しなくてもいい5つの理由

職場の飲み会は慎重に断ろう!

何度も何度も飲み会を断り続けていると、いつしか誰からも誘われなくなってしまうでしょう。
飲み会には行きたくないと思っていたけれど、誘われなくなると急に寂しくなるのが人の気持ちというものですよね。
古臭いと言われることもありますが、やはりお酒を飲みながら話すというのはコミュニケーションを深める上でも大切なことですし、心理学で言う「ザイアンス効果(単純接触効果)」にもつながります。
ゆとり世代はそんなことを気にしないと年代だと感じる人も多いですが、もちろんゆとり世代でも「あまり行きたくないけれど、行かないと仲良くなれない。同期に先越されてしまうかも」なんて焦りを感じる人もたくさんいます。
だから飲み会の断り方や断る回数は慎重にやった方が無難です。
今の環境にいる人達と常に一線を置いておきたいという人は別ですが、時には少しばかり無理をして飲み会に行ったほうが今後につながることも少なくありませんよ。

引用元-飲み会の断り方6つ

 - 就職・仕事・職場・会社

ページ
上部へ